すそわきがが悪化する4つのパターン

目安時間:約 5分

陰部から嫌なにおいがするすそわきが…

 

この「すそがわきが」のニオイが、自分でも強く感じる時ってありませんか?

 

すそがには、ニオイが急に悪化する時があります。

 

今回は、すそわきが悪化する4つのパターン(原因)についてお話したいと思います。

 

 

ストレス

すそわきがの臭いの急な悪化は、体からのサインです。

 

人は強いストレスを感じると、体は緊張状態になり「アドレナリン」や「男性ホルモン」を放出します。

 

「アドレナリン」や「男性ホルモン」の働きかけで分泌される汗の成分は脂質が多く、俗にいう脂汗といわれるものです。

 

皮膚の表面にいる細菌(常在菌)は、この資質を含んだ汗が大好きで、この汗を分解する時にどんどん増殖し、それとともにニオイを発生させます。

 

その結果すそわきがが悪化するのです。

 

強いストレスはすそわきがだけでなく、精神面、お肌、体調、あらゆるものに影響します。

 

ストレスを感じるなといっても無理ですが、好きな音楽や映画、スポーツ観戦など、普段から気分転換できるものを自分なりに見つけておくといいですね。

 

疲れたなと思った時は、心も体もしっかり休むよう心がけましょう。

 

 

食生活

欧米では人口の7割がわきがだといいますが、それには食生活も大きくかかわっています。肉類が中心の食生活は体臭に影響するということですね。

 

「焼き肉」や「から揚げ」など、肉類や揚げ物を多くとったり、ニンニクなどのニオイの強い食事を続けると腋臭症のニオイを強くする原因になります。

 

腸内環境をよくするためにも、野菜中心のメニューを心がけ、バランスよく動物性たんぱく質を取り入れるようにすることが、におい対策にも役立ちます。

 

 

女性ホルモンの変化(すそわきがが悪化する原因)

すそわきがは女性ホルモンの変化でもニオイがきつくなったりします。

 

特に女性ホルモンが大量に分泌される思春期は、腋臭の元となるアポクリン汗腺が活発になり、においも強くなります。

 

また、妊娠、出産、更年期など、女性ホルモンが変化する時期にも悪化することがあります。

 

 

飲酒・タバコ

飲酒・タバコは、百害あって一利なしと言われますが、すそわきがの悪化の原因にもなるのでおすすめできない嗜好品です。

 

特にタバコは交感神経を刺激するのでアポクリン汗腺を刺激し、すそわきがを悪化させる原因になります。

 

また、たばこ臭とすそわきがのにおいが混ざることでさらにニオイがきつくなり、悪臭となることも覚えておきましょう。

 

飲酒は食生活のバランスが崩れたり、深酒は夜更かしにつながるので結果的にすそわきがを悪化させやすくなるのでほどほどに。

 

 

まとめ

すそわきがが悪化する主な原因

    • ストレス
    • 食生活
    • 女性ホルモンの変化
    • タバコ・飲酒


    すそわきがが急に悪化したと思ったら

    ・ストレスが溜まっていないか
    ・肉や油物中心の食生活になっていないか
    ・女性ホルモンが変化する時期に当たっていないか
    ・飲酒・たばこの量が増えていないか

     

    など、普段の生活を見直して、少しでも「すそわきが」が悪化しないように対策をしましょう。

    >>すそわきがクリームおすすめ商品はコチラ<<

    この記事に関連する記事一覧

    ページの先頭へ