すそワキガとは

目安時間:約 8分

陰部から「わきが」のような独特の臭いを発する「すそわきが」、男性よりも女性に多く、深い悩みを抱える人は多いです。

 

でも、安心してください。

 

すそワキガについてよく知ることができれば、ニオイに対する改善方法や対策もわかってきますから。

 

というわけで、すそワキガとはどんなものか、基本的な知識と特徴をお話したいと思います。

 

 

すそわきがとは

すそわきがとは外陰部(デリケートゾーン)から発する「わきが臭」のこと

 

「腋臭症(えきしゅうしょう)」のひとつで「外陰部臭症」「下(しも)わきが」「トベラ」とも呼ばれています。

 

臭いの原因は、陰部にかいた汗。その汗の成分が雑菌などで変化することで「わきが臭」を発します。

 

汗を出す汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺がありますが、「わきが臭」はアポクリン汗腺から出る汗が原因とされています。

 

エクリン汗腺からの汗はさらさらとしていてニオイのない汗。

 

アポクリン汗腺からの汗は、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸などの栄養成分が多い、どちらかというとベタベタした汗です。

 

 

粘り気が強く栄養分が多いので常在菌が繁殖しやすく、その発酵臭がワキガ臭になります。これがニオイの原因なんですね

 

アポクリン汗腺

 

アポクリン汗腺は主にワキや陰部、乳首の周り、耳の中、へその周辺などにあるのですが、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい

 

「ワキ」や「陰部」などが特に強く臭います。

 

でもアポクリン腺は誰にでもあります。

 

ではなぜ臭いが強い人と、そうでない人がいるのでしょうか…

 

それはアポクリン汗腺の数や大きさに違いがあるためです。

 

ではなぜ汗腺の数や大きさに違いがあるのでしょうか。

 

 

すそわきがは遺伝する?

まずはじめに、「わきが」は病気ではありません。

 

「わきが」は優性遺伝で起こることが多い体質的なものです。

 

そのため、両親が2人とも「わきが」だと75%以上、片方の親が「わきが」の場合でも50%以上の確率で子供に遺伝すると言われています。

 

親がアポクリン汗腺の多い体質だったら、子供も生まれた時からアポクリン汗腺の多いわきが体質を受け継いでいる可能性が高くなるというわけです。

 

アポクリン腺は誰にでもある汗腺の一つで、数は生まれながらに決まっています。

 

においが強い人はアポクリン汗腺の数が多かったり、一つ一つが大きいため、汗の分泌が活発になり、臭いが発生しやすいんですね。

 

また、大きさは思春期を迎える頃に大きくなり、高齢になってくると小さくなることが分ってています。

 

ちょうど異性を意識し始めるころから大きくなり、臭いがきつくなります。

 

恋愛する年頃になって自分の「すそわきが」に気がつくと、必要以上に気になったり、嫌われたらどうしよう…など、一人で悩んでしまうこともあります。

 

心からの悩みであれば、親に相談してみたり、病院で治療を受けるのもひとつの解決方法。

 

もちろん自分で臭いを軽減する対策法もありますよ。

 

臭いの強さにもよりますが、

    • 専用の石鹸などで陰部を清潔に保つ
    • 制汗剤を使用して汗の量を抑える
    • 雑菌の繁殖を抑えるクリームなどを使用する
    • 病院での治療・手術


など、さまざまな方法で臭いを軽減することもできます。

 

 

すそわきがの人は「わきが」も…

一般的に「すそわきが」がある人は「わきが」もあります。

 

ワキの臭いが強かったり、陰部の臭いのほうが強かったりと個人差はありますが、アポクリン腺の数や大きさは体質的なものなので「すそわきが」がある場合は「わきが」もあるのが一般的です。

 

また男性よりも女性に多いという傾向も、すそわきがの特徴でしょう。

 

女性の場合は生理中に臭いがきつくなったり、おりもの臭と混ざったり、性行為でも興奮によってアポクリン腺が刺激され、わきが臭が強くなります。

 

「わきが臭」は肉などの動物性タンパク質や脂肪分の多い食べ物で強くなりやすいので、デートの前は食事に気をつけたり、行為の前には体を清潔にしておくことでも臭いの発生を軽減できると思いますよ。

 

 

 

すそわきが・わきがの特徴

「すそわきが」も、ワキの「腋臭症」も、基本的なしくみは同じです。

 

ただ「すそわきが」は陰部からわきが臭を発するため、症状のある若い女性にとっては大きな悩みになってしまうのです。

 

生理、おりもの、セックスなど、デリケートな部分と重なるところが、ワキの「腋臭症」との大きな違いでしょう。

 

臭いの程度によっても変わってきますが

トイレのたびにビデなどを使って洗浄したり、専用の殺菌シートで雑菌の繁殖を抑えることも自分でできる対策のひとつです。

 

また制汗剤を適切に使用し、汗自体をおさえたり、わきが専用のクリームを塗ることで長時間雑菌を抑え、臭いを軽減することができますよ。

 

※デリケートゾーンの臭いを軽減させる方法については『すそわきがの臭いを消す方法』をご覧ください。

 

すそわきがの特徴まとめ

    • すそわきがは体質的なもので病気ではない
    • すそわきががある場合、脇の腋臭症もある
    • 性的な興奮を伴うと臭いが強くなる傾向がある
    • 男性よりも女性に多い
    • 食生活でも臭いの強弱がある



 

>>すそわきがクリームおすすめ商品はコチラ<<

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ