「すそわきが」なぜにおうの?原因は?(内的要因)

目安時間:約 4分

すそわきが」も「わきが」も、臭いの原因は基本的に同じです。

 

臭いの原因は、陰部にかいた汗。その汗の成分が雑菌の餌となり独特の「すそわきが臭」を発します。

 

ではなぜ臭う人と臭わない人がいるのでしょう。

 

人の体には2種類の汗腺、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、「わきが臭」はアポクリン汗腺から出る汗が原因とされています。

 

アポクリン汗腺

 

腋臭症(えきしゅうしょう)の人はアポクリン腺が多かったり、袋が大きかったりで、臭いの原因物質を多く分泌してしてしまうんですね。

 

エクリン汗腺から分泌される汗はほとんどは水分で、ニオイもありません。さらさらとしていて乾きやすい汗です。多少塩分があるため、皮膚を弱酸性に保つ働きもあります。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗もほぼ無臭ですが、脂肪や尿素、アンモニアなどを含むため、ベタベタとした乾きにくい汗です。この汗と皮脂腺から分泌される脂肪酸が一緒になり、それを皮膚常在菌が分解することで独特なわきが臭になるのです。

 

 

アポクリン腺の数や大きさについて

すそわきがは多くの場合、遺伝によるものです。

両親とも「わきが」であれば、75%以上の確率で子供も「わきが」になります。また片方が「わきが」の場合でも50%以上の確率で遺伝すると言われています。

 

アポクリン腺は誰にでもある汗腺で、生まれたときにその数は決まっています。

 

親がアポクリン汗腺の多い体質だったら、子供も生まれた時からアポクリン汗腺の多いわきが体質を受け継いでいる可能性が高くなるというわけです。

 

男性よりも女性の方がわきが体質の人は多いという統計がありますが、そうと感じないのは、女性は丁寧なケア対策を行っているからでしょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れも

生理前や生理中など女性ホルモンのバランスが崩れると、体温が上昇して汗をかきやすくなる⇒においが強くなります。

女性ホルモンはすそわきがにも強い影響があり、ホルモンバランスが崩れるとアポクリン腺を刺激するためニオイが強くなったり、弱くなったりします。

また性行為の後などにニオイがきつくなることも多いです。

興奮やストレスなど、交感神経が優勢になるとアポクリン腺を刺激するので、ニオイの原因となる汗の分泌が活発になります。

 

ストレス

強いストレスを感じると、脂汗が出たり冷や汗が出るように、ストレスはアポクリン腺を強く刺激し、ニオイの原因となる汗の分泌量が増えます。

 

その結果すそわきがが悪化し、ニオイがきつくなります。

 

ストレスは精神的にも身体的にも大きな影響をもたらすことが分っているので、普段から気分転換できるものを作っておくこともすそわきが対策としては有効です。

 

ページの先頭へ